歯科クリニックで使う白衣を通販で手に入れるメリットとデメリット

歯科クリニックで使用するための白衣を調達する方法として通販が便利そうだと思う人もいるでしょう。他にも店頭で購入する方法や代理店を利用する方法もありますが、通販にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

十分に比較してみるとデメリットも見えてくるので、通販を選択するメリットとデメリットを幅広く紹介します。

給食用の白衣は通販での購入が便利

調達のしやすさが大きなメリット

通販で歯科クリニックで使う白衣を調達する最大のメリットは簡便さです。調達のしやすさでは最も優れている方法で、インターネット通販を利用すればいつでも気軽に注文することができます。

通販サイトは24時間、365日休まず注文を受け付けているからです。

どの白衣が良いかも時間を気にせず吟味できるため、営業時間をかなり長くしていて暇があまりない歯科クリニックでも夜間や休診日に白衣を選ぶことができるでしょう。注文するときにも希望する商品をショッピングカートに入れて注文手続きをすれば良いだけです。

初めて購入するときには氏名や住所などの情報を入力する必要がありますが、初回の発注の際に会員として登録してしまえば余計な入力手続きも必要がなくなります。支払い方法についても選択肢が広く、クレジットカードで払うことも銀行振り込みや代金引換などを利用することも可能です。

業者によってはコンビニ払いなどにも対応していることがありますが、簡便という点ではクレジットカードや代金引換が優れているでしょう。また、必要があれば請求書払いに対応している業者に発注すれば、後払いの形できちんと会計処理もできる書類を発行してもらえます。

選択肢の豊富さも魅力的なメリット

通販を活用するメリットとして白衣のラインナップが豊富なことも挙げられます。歯科クリニックで使う白衣の選び方にはかなり自由があり、清潔感があってきちんと整った白衣であれば特にこれでなければならないということはないでしょう。

選択肢が豊富ならクリニックのコンセプトに合ったものを選び出すことも、機能性を重視して最適なものを探し出すことも、現場での運用方法に応じていくつかの種類を調達することも可能です。例えば、歯科医師と歯科助手によって白衣の色や仕様を変えることで、患者から一目でわかるようにしたいということがあります。

この際にも通販なら色のラインナップが豊富な白衣を選び、現場の雰囲気に合わせて二色を選び出せるでしょう。また、季節によって半袖と長袖を使い分けたいという場合もありますが、通販なら同じショップで複数の種類の白衣を取り扱っているので、一か所からまとめて調達することが可能です。

ポケットの数などにこだわりがある場合にも詳しく比較してより良いものを選び出せることから、納得して着られる白衣を手に入れることができるでしょう。

送料と納期のデメリットがある

歯科クリニックで使う白衣を調達する方法としてインターネット通販は優れているのは確かですが、デメリットもないわけではありません。店頭や代理店経由で購入するのに比べると生じるデメリットとして代表的なのが送料と納期の問題です。

通販で購入するときには宅配便などで送ってもらわなければならないことから送料の負担が発生します。だんだんと運賃が上がってきてしまっている影響で送料がかなり高くて買うかどうかで悩んでしまうことも珍しくありません。

ただ、一定以上の金額になると送料無料というサービスをしているショップもあるので、まとまった数の注文をするときにはあまり大きなデメリットにはならない可能性も十分にあります。一方、納期についても店頭で手配すればすぐにその場で手に入り、クリニックに出入りしている代理店であれば次の訪問時には持ってきてくれるでしょう。

しかし、通販の場合には注文を受けてからメーカーに依頼して調達し、さらに宅配便などで送るというプロセスになることがよくあります。そのため、納期が一週間以上もかかってしまうこともあるのです。メーカー直送対応、あるいは自社在庫が豊富というショップを選べばあまり納期が長くならずに済みますが、それでも宅配便などで送るために一日か二日はかかってしまうので注意が必要になります。

名入れもできるのでオリジナル白衣にもなる

通販で購入する白衣は希望すれば名入れもできるのもメリットです。ただのワンポイントマークを入れるだけということもできる一方、大きなプリントをしてもらうこともできます。クリニック名やクリニックのコンセプトに合った図柄などをプリントすればオリジナルの白衣を手に入れることが可能なのです。

小さな名入れであれば無料で対応してくれるショップもあり、納期も数日長くなるだけで済みます。オリジナルの白衣にすると魅力を感じてくれる人も多く、歯科助手などの募集をかけるときに応募してくれる人が増えると期待できます。

また、帰属意識を育むことができるため、雇った歯科助手が長く働いてくれる可能性も高くなるのがメリットです。

サンプルに関するメリットとデメリット

通販で白衣を調達するときにはサンプルについての注意が必要になります。試着してから選びたいという場合にはサンプルを送ってもらわなければならず、サンプル送付に対応しているショップを選ぶ必要があります。大抵は送料程度は負担しなければならないので費用面で納得できるかはよく考えるようにしましょう。

ただ、サンプル送付に対応しているショップを活用すれば、取扱商品の大半を試着してみることができるのはメリットです。店頭では見つからない白衣が欲しいというときにも試着してから買うかどうかを判断できるので大きな失敗はありません。

生地の良し悪しや機能性の良さ、通気の具合なども確認できるので安心して購入できます。ただ、何度もサンプルを送ってもらっていると送料負担だけで白衣よりも高くなるリスクがあります。代理店であれば無料でサンプルを持ってきてくれることもあるので、通販の場合この点はデメリットとなります。

メリットを生かせる使い方をしよう

歯科クリニックで使う白衣は通販で手に入れるのが簡便で、商品候補も多く、名入れまでできるメリットがあります。送料の負担や納期が長くなるなどデメリットもありますが、上手に使えばお得に調達できる方法です。サンプルに関する注意があることも念頭に置きつつ、メリットを生かせるように活用して行くのがおすすめです。